製材から加工まで 甲山木材の加工の過程をご紹介します

1 丸太仕入れ
地元周辺と山陰、四国あたりから集まる国産材(松・杉・桧など)を市場から仕入れます。写真は杉の4mもの
当社では創業以来、ずっと構造材は地松
柱は地の杉か桧と決めいてます
『日本で生まれ育った材で建てる住宅』
これに優るものはありません
2 土場
とりあえず出番まで土場に積みます。
これは桧の3mもの。最近はアジアからのアピトン材が入りにくく、桧で土台を取る場合が増えてきました。昔は栗の木を土台にしていましたが、今はなかなか…
3 製材
設計が決まって材料の拾い出しが出来ると、それに合わせて製材していきます。写真は地松の構造材を挽いているところ。これで梁(はり)や桁(けた)などの長ものを取ります
地松はとてもねばり強く、家の骨組みを永く支えるのに最適です
4 板の製材

これは厚板に挽いて、屋根タルキを取っているところ。曲がった材は隅木など、丸太の形で使うものです。
木の性質を見極め、その力を充分引き出す技術が求められるところ

5 構造材
挽いた材は風が通るように積んでおきます。
これを機械によるプレカット(外注)に出します。(大工さんが手できざむ場合もあります)
6 小割り材
厚板に挽いたものを小割りして、間柱や根太などの小割り材をとります
7 加工
木材料の拾い出しに合わせて材料を選び、加工していきます。ここで敷居、鴨居などの造作材を支度します。
大工さんとの打ち合わせが欠かせない作業ですね 
8 完成
出来上がった材はいよいよ現場に出発。
これは杉で床材を作ったもの
 

↑ページ上部へ

Copyright (C) 2008 Kouzanmokuzai. All Rights Reserved.