新築工事 甲山木材の新築工事の過程をご紹介します

1 着工前
造成する前の敷地
まだ草が生えていて子供達の楽しい遊び場でした
2 基礎工事
造成後、1年くらい経って基礎工事に入りました。土間に鉄筋を組んだところ
鉄筋の上に土間コンクリートを打った後、立上りの型枠を組んだところ
3 基礎工事完了!
基礎の天端をならし、
束石をセットして基礎工事完了です!!
4 建て方
地松の構造材をプレカットしたもの。
やっぱり日本で育った木は、日本の家屋にとって一番の適材ですよね~
これからレッカー車で吊上げながら組んでいきます
5 上棟(ジョウトウ)
木造の構造が組み上がったところ。
棟木(ムナギ)が上がるので『上棟』と言います。
棟木は屋根の一番高いところにある木です
6 上棟式
お酒、塩、玄米、海の物(魚など)
山の物(野菜など)、棟札、御幣、サカキetc..
多分お供えものは地方によって様々だと思います
7 屋根工事
最初に屋根じまい(屋根の下地をつくる)をして、
屋根を仕上げます。こちらのお宅は洋瓦。
この後に中間検査を受けました
8 外壁工事他
壁下地ができた頃。この頃には
内部の造作工事もかなり進んでいます。
職人さん達の頑張りどころ
9 完成 !!
外壁塗装が済んで、内部の仕上げや設備なども
終了しました。完了検査に合格したらいよいよお引越し。
満開の桜と一緒に パチリッ
 

↑ページ上部へ

Copyright (C) 2008 Kouzanmokuzai. All Rights Reserved.