介護保険

住宅改修費の支給

償還払いのサービスです
心身の機能が低下している高齢者の自宅での生活支援や、家庭で介護する人の負担軽減のために、手すりの取り付けや段差の解消などの小規模な住宅改修を行う場合には、その費用の9割相当額が住宅改修費として至急されます。
支給限度額は改修時に住んでいる住宅につき20万円です。
支給対象となる住宅改修
(1) 手すりの取り付け
廊下、トイレ、浴室、玄関、玄関から道路までの通路などに、転倒防止や移動補助のための手すりを取り付けます。
※取り付け工事の伴わない床置きや、便器を囲んで置いて使用する手すりは「福祉用具の貸与」の対象となります。
(2) 段差の解消
居室、廊下、トイレ、浴室、玄関等の各室間の段差および玄関から道路までの通路等の段差を解消するために、敷居を低くしたりスロープを設置するなどの改修です。
※取り付け工事を伴わないスロープは「福祉用具の貸与」、浴室用すのこでの段差解消は「福祉用具購入費の支給」の対象となります。
(3) 滑りの防止や、移動を円滑にするための床または通路面の材料の変更
居室を畳敷きから板張りやビニール系床材等に変更。浴室の床を滑りにくいものに変更。通路面においては滑りにくい舗装材への変更など。
(4) 引き戸などへの扉の取り替え
開き戸を引き戸や折戸、アコーディオンカーテンなどに取り替え。ドアノブの変更や戸車の設置も含みます。
※自動ドアにした場合は、動力部分の費用は保険給付の対象となりません。
(5) 洋式便器などへの便器の取り替え
和式便器を洋式便器に取り替える場合。
※据置きの腰掛便座の設置は「福祉用具購入費の支給」の対象となります。

【(1)~(5)の改修に伴って必要となる住宅改修も支給対象となります。】

手すり取り付けのための壁の下地補強
床材の変更のための下地の補修や通路面の材料変更のための路盤整備
扉の取替えに伴う壁や柱の改修
便器の取り替えや浴室の段差解消に伴う給排水整備工事 など

住宅改修費の支給を利用する手順

事前に相談します
居宅介護支援事業者や市区町村の福祉課の窓口などにまず相談してみましょう。
(介護の認定を受けていることが前提です)
認定を受け邸内場合は、まず認定の申請からスタートして下さい
 まず担当者が自宅に伺って状態をチェックします

↓
2 三者による現場の確認
連絡を受けた担当者と同席が可能ならご本人とそのご家族、そして施工を頼んだ業者(どこか業者を指名して下さい。わからない場合は担当者に相談してみるのも良いでしょう)と三者が自宅に集合。 ここで実際の動きを見ながらどのように改修すると一番有効か相談します
 その後、業者から施工前の写真と見積書を提出してもらい、担当者にも連絡します
↓
3 工事を依頼します
担当者の確認後、工事業者に工事を依頼します。
業者は必ず施工写真を撮っておきます。
施工後、工事費用はいったん全額自己負担になります。
※領収書と工事費の内訳を忘れずにもらいましょう。
↓
4 市区町村へ申請します
居宅介護支援事業者の住宅改修を必要と認めた書類、領収書、工事費の内訳、工事完了を証明する資料(改修前と改修後の写真等)などを添付して申請します。
                                 ↓

5 9割分が支給されます
工事の内容が適正であることが確認された後、上限額内で改修費の9割相当が支給されます。
実際には20万円が限度なので、最高で18万円まで支給されるわけです。
世羅町の場合、約一ヶ月でご本人の口座(銀行や郵便局など)に振り込まれます

住宅改修例

介護保険を利用し、改修したリフォーム例をご紹介します。

出入口
玄関や勝手口など既存の出入口からはどうしても外出が難しい場合は、外部に面した部屋などから直接外出できる場所を設けるのもひとつの方法です。
1 改修前
目的は部屋から車椅子で外出できる通路を作ること。庭に面したハキダシにデッキ風の床と
スロープを取り付けることになりました
→
2 完成
最初はデッキとスロープを組んで、外部の木材用の塗料を塗って完成
→
3 追加工事
その後デッキ部分に屋根と建具を付けてサンルームのようにしました。雨が降っても大丈夫
トイレ
生活動作の中で最も重要な場所です。排泄の自立は最大の目標ですね。
1 改修前
目的は歩行が難しいご主人のために、ベッドからなるべく近い所にトイレを設置すること。
そこで、寝室の押入れをトイレに改修することに。
→
2 完成
畳一帖より少し広いトイレができました。手前の和室にベットを置きます。トイレには二ヶ所に引き戸を取り付け、両方向から入れるようにしました。
玄関
外部とのつながりとなる大切な場所です。外出がおっくうにならないように。
施工例の①
1 改修前
目的は、約40cmの段差のある玄関からの外出を楽にするため、1階のリフォームの際、床の高さを低くすること。
18cmの段差が目標です

 

施工例の②

→
2 完成
L型手すりも取付けて、杖と介助により自力での外出が可能になりました。
→
3 追加工事
その後玄関から道路に出るまでを歩きやすくするため、石張りに改修。 すり足歩行でも引っかからずに安全に外出できます
1 改修前

目的は、玄関から道路まで、砂利敷きで押し車が使いづらいので、凸凹のない道を造ること
そこで通る部分に石張りの通路を造ることになりました

→
2 施工中
型枠をしてこれに沿って石と縁石を施工します
→
3 完成

さっそく押し車を押して外出。
楽に押して出られると大変喜んでいただきました

   
 

 

↑ページ上部へ

Copyright (C) 2008 Kouzanmokuzai. All Rights Reserved.